あいのり

あいのりアフリカンジャーニー22話ネタバレ感想!最終回で結ばれるのは・・・

投稿日:

あいのりアフリカンジャーニーがとうとう最終回を迎えてしまいました!!!

すごく楽しみに待ってたのですが、迎えてしまうとこんなにも寂し気持ちになるんですね…。

しかも、最終回にふさわしく「笑いあり涙あり」の大満足な回でした!

それでは早速ネタバレ感想やっていきたいと思います!

あいのりアフリカンジャーニー22話ネタバレ感想!

※ネタバレを含みます。お気を付けください。

 

この「あいのりアフリカンジャーニー」旅で成立したカップルは(最終回前までは)実はまだ1組だけ。

それじゃ、ちょっと寂しいですよね。

と、いう事で今回の最終話かなり期待しておいて下さい!

 

前回までのおさらい

メンバーと恋模様はこちら

ヒデがキリマンジャロ登山で燃え尽きてしまったようで、リタイア。

JOYくんとハスキーはキリマンジャロで両想いとなり、良い雰囲気です。

そして、ジェノベがあおにゃんに告白し帰国チケットを手渡しました!

前回は告白までで今回の最終回では、あおにゃんからの返事から始まります。

 

ジェノベの気持ちに対する、あおにゃんの答えは…

誰しもが「ダメだろう」と思っていたジェノベの告白。

 

案の定、あおにゃんは「ジェノベのトイレのような存在にはなれない」と比較的早くに断ります。

(トイレのような存在については前話のネタバレページをご覧ください)

あいのりアフリカンジャーニー21話のネタバレ感想!最終話に向けて恋の行方は?!

あおにゃんは、

「最初恋愛対象に見れなかった。」

「絶対に無理だと思う気持ちが強い。」

「日本で一緒にいることを想像できない。」

と、正直に伝えます。

 

あおにゃんは言葉を選んでいるとはいえ、普通の男の人だとこれだけ言われたらすぐに諦めるでしょうが、そこはジェノベ。

「変わったべ今は?」「俺だって一緒」「大丈夫」「新たな自分見つけよう!」「帰ろう」「信じてくれ」「一緒に写ろうよラブワゴン」「本当に幸せにする」「ずっと守る」「人は見かけじゃない」「それ勝負服だべ?」「チェンジザワールドだよ」

と、まさかの説得!(笑)チェンジザワールドて!(笑)

 

困り顔のあおにゃんにひたすら前向きな言葉を続けます。

 

正直、誰しもが「断りにくそうだなぁ…(まぁ、それでもフラれるんだろうけど)」と思っていたハズです。

 

しかし、実はあおにゃんにはジェノベの説得が響いていたようで

さっきトイレのような存在にはなれないっていったけど、まだまだジェノベのことたくさん知りたいし、これからも一緒にいたいと思った

と、まさかの前言撤回!告白OK!

 

「っしゃー!」と雄たけびをあげるジェノベ。

 

二人はキスしてカップル成立。そして帰国しました。

 

スタジオ仰天!!

あり得ない!を連呼するスタジオメンバー達。

 

まさかのカップル成立にスタジオはパニックに。

「エンターテイメントとして100点」という言葉には、完全に同感です(笑)

 

エンターテイメントとして100点のジェノベの告白劇に芸能人のスタジオメンバーも感服!といった感じでしたね。

翌日メンバー達はザンジバルに

船に乗る事2時間。ついた先は「アフリカのハワイ」とよばれる楽園のような島「ザンジバル」。

 

ラブワゴンを島に移動させる事が困難だったことから、何故か日本の幼稚園バスがこのザンジバルではラブワゴンに。

 

楽しそうに観光をするメンバー達。

笑顔の裏に、ハスキーにはJOYくんにある想いを伝えたいと決意を固めていました。

 

ハスキーがJOYくんを呼び出して伝えたこととは

ハスキーは以前、自分が「甘えられない」「強がる」理由を絶対に言いたくないと言っていました。暗い過去が原因だったようです。

しかし、この旅で自分の気持ちにも変化が生まれ、そして好きになったJOYくんにきちんと自分の過去を話したいと前向きになる事ができたよう。

 

その日の夜、ハスキーはJOYくんを呼び出します。

 

ハスキーは甘えられない原因を語りだしました。

 

原因は複雑な家庭環境。

過去に何度も父親が変わっている事。現在の父親も、その前の父親も実父ではないそう。

そして恐らく自分の父親だろうと思っていた男性も、実父ではなかったと話します。

小学三年生で「何回も死にたい」と思った事があったそう。

 

甘えたい時に甘えられる大人が近くにいなかったせいで、ハスキーは強がってしまうようですね。

 

JOYくんはしっかりと彼女の話を最後まで聞き、「全部受け入れたい」「甘えられる男になりたい」と思ったようです。

 

ハスキーの最初のワガママ

「女子はサプライズに弱い」と以前ハスキーが言っていた事を心に留めていたJOYくん。

乗り物好きなハスキーのために、絶景ビーチに手作りブランコを設置してプレゼントしました。

 

日が沈みかけ月夜に照らされた最高のロケーション。

JOYくんはブランコに乗ったハスキーの前にひざまずき告白しました。

 

「昨日の話を聞いて、ハスキーの全部を受け止めたいなと思って。甘えられる存在でありたいし、思いっきり素を出せるような存在になりたい。(ハスキーが)おもいっきりワガママを言えるような存在になりたい。てか、・・・なる!」

「俺はハスキーのことが好きだから、俺についてきてほしい」

 

そう言ってハスキーに帰国チケットを手渡しました。

 

そして、翌日。

 

ハスキーは告白の返事の前にJOYくんへ幾つか質問しました。

 

「神戸に住んでるから、遠距離になるけど連絡は頻繁に取ってくれますか?」

JOYくん「もちろん」

「(お酒)飲み過ぎて心配かけることもめっちゃあると思う。許してくれますか?」

JOYくん「許します」

「一緒におるときは手繋いでてくれますか?」

JOYくん「繋ぐよ もう離さん」

 

「じゃぁ最後に一個ワガママ言っていい?」

「このチケットでわたしと一緒に日本に帰ろ」

ハスキーの手には昨日JOYくんが渡した帰国チケットが。

 

お互いに笑い合う二人。

 

「それがわたしの最初のワガママ」

 

二人はキスをしてカップル成立となりました。

 

残ったしゅうまいとゆいなは?

スタジオMCより、残った「しゅうまい」と「ゆいな」について言及はありませんでしたね。

「これであいのりは終わり」とベッキーさんが言っていた事からも、2人を残した状態で旅が続くわけではなさそうです。

残念!

帰国したタイミングも、JOYくん達と同じ時期だったことから既に二人は相手を見つける事はなく旅を終えたという事ですね。

 

個人的には、ゆいなが好きになってしまったスタッフのやーぎー(非モテ)と、帰国後連絡を取り合って付き合う事になれば面白いのになぁと勝手に思いました(笑)

 

あいのりアフリカンジャーニー22話感想!

最終回にふさわしい内容でしたね!!

JOYくんとハスキーの互いの頑張りにも心打たれたし、結末にも涙だったんですが…。

もう、最終回にして女性メンバーの甘え方が可愛すぎて!

 

あおにゃんの、告白をOKした後の「本当に守ってくれる?」の破壊力すごかったですね。

3回くらいリピート再生しました(笑)

ハスキーの「わがまま言っていい?」からの「これが私の最初のわがままです」なんて、少女漫画大好きな筆者は大興奮しました(笑)

 

まだ本編観て無い方は是非、ちゃんと映像で観てほしい!それが私の最初のわがままです。

 

最終回を迎えてしまい、かなりの喪失感ですが、それ以上に満足感が大きいとても良い最終回でした!

 

見逃したあいのりが今なら7日間無料!

お得な888円コースが初月無料の期間限定キャンペーン中!

フジテレビ動画見放題サイト【FODプレミアム(31日間無料)】

 

👇あわせて読みたい👇

あいのりアフリカンジャーニーは関西でも地上波放送あり?スケジュールまとめ!

-あいのり

Copyright© エキサイトまとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.