エンタメ

有村架純の地元はどこ?出身中学や高校、デビューのきっかけも!

投稿日:

出典:https://www.cinemacafe.net/article/2018/09/25/58415.html

紅白歌合戦の司会や、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』のヒロインなどを務め、彼女を知らない人はいないと言っても過言ではないくらいに国民的人気女優となった有村架純さん。

CMやドラマ等で観ない日はないくらいですよね。

今回はそんな有村架純さんについて調査してみました!

 

有村架純の地元はどこ?

有村架純さんの地元は

 

兵庫県伊丹市

 

です。

2010年に親元を離れて上京しました。それまでは伊丹市に住んでいたようです。(当時17歳)

今は伊丹市を代表する有名人ということで、2013年から現在まで伊丹市より「伊丹市大使」に任命されています。

 

有村架純の出身中学や高校は?

有村架純さんの母校は・・・

小学校:伊丹市立稲野小学校

中学校:伊丹市立西中学校

です!

ちなみにこちらは中学時代の卒アル写真

昔から可愛いですね!

 

高等学校:兵庫県立伊丹西高等学校

(偏差値:46程度の、のんびりとした校風の学校のようです)

 

そして在学中に、FLaMme(現所属事務所)のオーディションを受けて合格し、17歳で上京しています。

上京して別の高校に編入したという情報はなかったので恐らく有村架純さんの最終学歴は

 

・中卒

・通信制高校卒業

 

こちらのどちらかだと思われます。

イメージ的に「中卒」だと聞こえが悪いので、「地元の高校在学中に上京」となっているようですね。

彼女の事務所FLaMmeの先輩、戸田 恵梨香も中卒なので芸能界では特に珍しい事でもないようです。

 

有村架純のデビューきっかけは?

実は彼女の人生は波乱万丈です。

 

小学4年生のときに両親が別居。

中学1年生で両親の離婚が成立し、母親に姉と共に引き取られ、母子家庭として育ちました。

 

お姉さんは、整形した事でも話題になった「有村 藍里(ありむら あいり)」さんですよね。

家計を支えるため2歳上の藍里さんはグラビアタレントとして16歳で既に自活していたそう。

そして有村架純さんも、高校に入り家計を支えるためにバイトに明け暮れます。

なんと、寿司屋と蕎麦屋で週6でバイトしていた時期があったそうですよ!

 

芸能活動をしながら家計を支える姉をみて、自分も自然と芸能界で生きていくという意識が芽生えたのかもしれませんね。

 

伊丹市立西中学校3年の時、ドラマを見ていて「自分ならこう演じる」と自然に考えている自分に気づき、女優を志すようになる。

(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%9D%91%E6%9E%B6%E7%B4%94

 

Wikipediaにはこのような記載がありました。

 

中学3年生で女優を志し、現在の事務所のオーディションを受けたけれど結果は不合格だったそうです。

関西弁を直し、ダイエットするという条件で一年後に再チャレンジして合格したそう。

 

中学生で自分の将来を考え、自分から行動に移せるってそれだけでスゴイですよね!

 

このエピソードからも「頑張り屋」で「芯が強い」女性だということが分かるかと思います。

彼女のストイックさは業界でも評価され、今や国民的女優となりました。

有村架純のプロフィール

■有村架純(ありむら かすみ)

本名:有村 架澄(ありむら かすみ)

生年月日:1993年2月13日(26歳)

出生地:兵庫県伊丹市

身長:160 cm

血液型 :B型

家族:有村藍里(姉)

足のサイズ:23.5

趣味・特技:料理/茶道/運動

 

2010年ドラマ「ハガネの女」でドラマ初出演。

2015年ドラマ「ようこそ、わが家へ」、2016年ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」などに出演。

2014年スタジオジブリ映画「思い出のマーニー」でヒロイン・マーニー役に抜擢、声優初挑戦。

2015年映画「ストロボ・エッジ」、「ビリギャル」で主演を務め、「ビリギャル」ではアカデミー賞優秀主演女優賞・新人俳優賞を受賞。

 

現在、数々のドラマ・映画の主演をつとめ、CMをはじめとする数々の広告媒体に出演しています。


 

有村架純の代表作

彼女が主演の作品は数多くありますが、彼女の女優人生の転機となった作品と言えるものは恐らくこの3作品ではないでしょうか。

彼女が一躍人気者となった作品は何といってもコチラでしょう!

2013年 NHK連続テレビ小説 『あまちゃん』

主人公の母親:天野 春子(小泉今日子)の若かりし頃を演じました。

セリフや出演シーンはそこまで多くなかったものの、その絶大な透明感と存在感で「あの可愛い子は一体誰!?」と即話題になりましたよね。

『あまちゃん』自体が社会現象になるほどに人気が出たドラマだっただけに、その影響力はすごかったようです。

 

2016年『映画 ビリギャル』

そして、清楚で可憐な有村架純が一躍「演技派女優」として認識されたのはコチラの作品

主人公の金髪の素行不良のギャルを違和感なく演じきり「むしろコッチの有村架純もイイ!」と言わしめたほど。

こちらの作品の演技が高く評価され第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞および新人俳優賞を受賞しています。

 

2017年 NHK連続テレビ小説『ひよっこ』

このドラマではヒロイン、谷田部みね子役を演じています。

時代の荒波に飲まれながらも諦めず力強く生きていく「みね子」は有村架純でなければ演じれない役だったように思えます。

主人公の泥臭く、あどけない健康的な美しさがドラマを観ている全世代に支持されました。

 

有村架純さんが所属する事務所FLaMmeには、先日、女優:杏さんの夫である東出昌大さんとの不倫で話題となった「唐田えりか」さんが所属しています。

今一番の事務所の稼ぎ頭である有村架純さんに、今後何かしら影響が出てくるのではないかと少し危惧しています。

出演する作品やメディアに出る機会が増えるのは、ファンとしては嬉しいですが、それが事務所の後輩の尻ぬぐいかも…と思うと心情は複雑ですね。

身体を壊さず、素晴らしい演技をこれからもみせて欲しいと願います!

👇あわせて読みたい👇

映画「フォルトゥナの瞳」ロケ地15選!撮影は大阪(羽曳野)・神戸・奈良が中心!

-エンタメ

Copyright© エキサイトまとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.