エンタメ スポーツ

三阪咲のデビュー曲は?歌唱力がすごい動画まとめ(路上有り)

更新日:

三阪咲さんという女性シンガーをご存知でしょうか?彼女は「音楽チャンプ~歌うま日本一決定戦~」「関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦」などの音楽番組に出演したことをきっかけにその名を世に知らしめました!そこで今回は、そんな話題の三阪咲さんのプロフィールやデビュー曲、歌唱力についてもご紹介していきたいと思います!

三阪咲のプロフィール

まずは三阪咲さんの簡単なプロフィールを見ていきましょう!

【名前】三阪咲(みさかさき)

【生年月日】2003年4月23日                                  

【出身地】大阪府

【血液型】A型

【身長】169.4cm

【好きな色】赤

プロフィールをご覧になるとわかるように、まず目につくのがそのすらっとしたスタイル。とても身長が高いですよね!そのことも、歌唱力に合わせて有名になっていくきっかけになったとも言えるかもしれません。

そして、現役高校生の三阪咲さんはどこの高校に通っているのでしょうか?

調査したところ、大阪の堺リベラル高等学校とのことでした!その証拠として、三阪咲さんのインスタグラムに高校の制服姿が載っています。そのブレザー胸ポケットの校章から、推測するに堺リベラル高校だと判明しました。

堺リベラル高校の制服はこちら(公式HPより)

学校自体は開校したばかりのようで、校舎がきれいなことに加えて、他の高校と違うところは表現教育というものがカリキュラムに含まれているようです。

というのも、表現教育というのは楽器・ダンス・声優・演技などを通して、感性を磨くとともにさまざまな自己表現の方法をみにつけていくとのこと。

高校時から好きなことに専念させてくれるこのような学校はなかなかないと思います。だからこそ、三阪咲さんも実力を身につけたのかもしれませんね!

三阪咲のデビュー曲は?

さて、三阪咲さんのデビュー曲はどういったものなのでしょうか?調査したところ、どうやら、CDビューというのはまだしていないようです。

しかし、12月30日に開幕する『第98回全国高校サッカー選手権大会』の応援歌を歌うことが正式に発表されてました。デビュー前のアーティストが抜擢されること、また現役高校生が歌うというのは史上初なんだそうです!快挙ですね!

三阪咲さん自身が作詞も手がけた応援歌のタイトルは「繋げ!」。この全国高校サッカー選手権大会に向けて、CDデビューを果たすのでしょうか?

ちなみに地区大会の決勝で、キックオフライプを開催するそうです。

11/3  宮城大会(ユアテックスタジアム仙台)

11/4  鹿児島大会(白波スタジアム)

11/16 大阪大会(長居スタジアム)

11/30 神奈川大会(ニッパツ三ツ沢球技場)

以上の会場で、三阪咲さんが生歌を披露するそうです。楽しみですね。

CDデビューについては、続報を待ちたいと思います!

 

三阪咲の歌唱力がすごい

続いて、三阪咲さんの歌唱力がわかる動画をご紹介したいと思います!

三阪咲の歌唱力がすごい動画①

 

まずはなんと言っても三阪咲さんを有名にした番組、「関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦」の出演部分です。こちらは再生回数が75万回。MISIAの「逢いたくていま」をカバーされています。思わず感嘆のため息をもらしてしまうほど美しい歌声です。 



三阪咲の歌唱力がすごい動画②

次に、三阪咲さんの動画の中でも一番再生回数が伸びているストリートライブの映像です。グランフロント大阪うめきた広場で披露されたもの。エドシーランの「Shape of you」を歌われています。コール&レスポンスもお手のもので見ていて楽しくなります。

 

三阪咲の歌唱力がすごい動画③

こちらもストリートライブの映像です。歌っているのはあいみょんの「君はロックを聴かない」です。364万もの再生回数です。これはもう第二のあいみょんになるかもしれませんね!ぜひ聞いてみてください。

 

三阪咲の歌唱力がすごい動画④

最後は池袋サンシャイン通りで披露した米津玄師のLOSERです。カッコいいの一言です!ご覧ください!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は三阪咲さんについてご紹介しました!次世代の歌姫、これからの活躍が大いに楽しみです!また、高校サッカーの曲もすでにSNS等で披露しているようですので、そちらもチェックしてみてくださいね!

 

👇あわせて読みたい👇

三阪咲が英語がうまい理由は両親の影響?留学経験や英検も調査!

-エンタメ, スポーツ

Copyright© エキサイトまとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.