スポーツ 野球

18奪三振エグすぎ動画!U18野球の活躍で奥川ドラフト評価は?

更新日:

9月5日、韓国で開催されているU18WC野球で星稜高校の奥川くんが登板しました。なんと7回18奪三振と見たこともないような成績!そんな奥川くんのエグすぎ動画とU18野球の活躍によるドラフト評価は?というテーマでまとめています。

カナダ戦で18奪三振!奥川恭伸エグすぎ動画!

百聞は一見に如かずです。

今日のピッチングは私が見た投手の中でも過去最高でした!

7回18奪三振はエグすぎですよねーー。

9回投げれば、桐光学園時代に松井裕樹選手(現楽天)が記録した9回22奪三振の記録も超えれたんじゃないかと思うぐらいです。

ってか、きっと超えてる。そうに違いない!それだけ今日の奥川投手のピッチングは素晴らしかったです。

 

ただ、4回にカナダの4番にホームランを打たれたんですが、その時のカナダベンチ側から聞こえる声は、雄叫びのようでなんとも怖いと思ったのは、私だけでしょうか?w

なんか海賊みたいですよね。別に他意は全くありませんんが、文化が違うなというのを改めて感じました。

 

そんなことはさておき、今日の内容について奥川くんはこのように語っています。

記者:今日は7回18奪三振と素晴らしいピッチングでしたね!

奥川くん:18奪三振はいいと思うんですけど、ホームランを打たれたのは簡単にいきすぎました。。

異次元!!笑

自分のいいところじゃなくて、悪かったところのこと発言しちゃう感じ。大物ですね。

U18WC野球の活躍でドラフト評価は?

さて、カナダ戦での活躍で各球団の評価はどのようになったのでしょうか?

夏の甲子園で株を上げた奥川くんですが、U18WC野球大会が開催する前は「星稜の奥川」か「大船渡工業の佐々木」のどっちを指名する?

という話題がよく取り上げられました。

 

ただ、今回の活躍で、もしかすると奥川くんがひとつ頭出るのでは?とも言われ出しましたね。

 

野村監督の意見では、

・即戦力なら奥川

・将来性なら佐々木

とおっしゃっていました。というもの、160キロ以上投げれるのは、足の速さと同じで才能の問題。やっぱり才能があるというのは魅力的だと。だから、佐々木を指名する。と語っていました。

 

各球団チーム事情があるので、実際にどっちがを指名するかはそれぞれですし、野村監督と同じ意見ではないとおもいます。

ただ、今日の活躍はスカウト陣が考えを変える可能性があるほどだったんじゃないでしょうか?

奥川のプロフィールと球速球種

【名前】奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)

【生年月日】2001年4月16日

【投/打】右/右

【身長】183cm

【体重】82kg

【出身高校】星稜高校

野球を始めたのは、宇ノ木小3年生のとき。中学では、軟式野球ですが全国優勝を経験しています。

U18にも選出されている捕手の山瀬くんとのコンビネーションも人気ですね。

 

奥川の球速球種

ストレート:MAX158キロ(常時140mキロ代後半)

遅いスライダー:120キロ代

早いスライダー:130キロ代

カーブ:110キロ代

フォーク:140キロ弱

チェンジアップ:120キロ代

右の本格派というイメージが強いですが、球種はかなり多彩でコントロールも抜群。

個人的には松坂大輔を思い出します。ストレートだけでも三振が取れて、スライダーが切れっきれ。

手も足も出ないって感じですね。

 

だから、今日の試合でもありましたが、たまに甘いコースに入ったストレートをスタンドまで運ばれてホームラン。

でも、ランナーはいないよ。抑えるべきところはしっかり抑えてるんだよ的な。

まあとにかく高校生離れしてることは間違い無いです。

 

今日の活躍にファンのみなさんもびっくりです!

個人的には、「神の子?」、「パワプロやんw」という声がおもしろかったです笑

👇あなたにオススメの記事👇

U18野球で誤審?動画!リクエストでも判定覆らず。タッチ映像あり。

星稜奥川恭伸が松井裕樹超え?その上は板東英二!歴代奪三振記録

-スポーツ, 野球

Copyright© エキサイトまとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.