スポーツ

U18野球で誤審?動画!リクエストでも判定覆らず。タッチ映像あり。

更新日:

奥川くんU18カナダ戦の記事はこちらから👇👇

18奪三振エグすぎ動画!U18野球の活躍で奥川ドラフト評価は?

韓国で開催されている野球のU18ワールドカップ。9月2日は日本対台湾の試合が行われ、雨天コールドにより、惜しくも3対1で敗戦しましたが、その一幕で誤審では?と思われるジャッジがありました。試合は3回裏、台湾の攻撃、1アウト1塁3塁。一塁ランナーが盗塁した際にその事件は起きました。

U18日本が初黒星「国際ルールですので…」監督 【Yahoo!ニュース】

<U18W杯:日本1-3台湾>◇2日◇1次ラウンドB組◇現代ドリームボールパーク(韓国・機張)

日本は強豪の台湾に無念の5回降雨コールドで敗れ、スーパーラウンド進出が持ち越しとなった。対戦成績は3勝1敗。

日本は初回に武岡龍世(3年=八戸学院光星)の盗塁などで2死二塁にすると4番石川昂弥(3年=東邦)の適時打で幸先よく先制した。

先発の宮城大弥(3年=興南)は2回まで台湾打線を無得点に抑えたが、3回1死一、三塁でダブルスチールを仕掛けられ、一塁走者を挟殺プレーに追い込んでいる間に三塁走者の生還を許した。この一塁セーフの判定に永田裕治監督(報徳学園)がリクエストを要求。映像では韮沢が走者の太ももにしっかりとタッチしていることが映し出されたが、判定は覆らなかった。

さらに台湾は5回に1死二、三塁で3番に左中間を破る適時二塁打で1-3と勝ち越しを許した。5番に初球を鋭くファウルされたところで日本は2人目の西純矢(3年=創志学園)にスイッチ。5番をスプリットで空振り三振に仕留め追加点許さなかった。

5回終了時点で雨が強くなり中断。再開を待ったが雨が上がらずコールド負けとなった。勝てばスーパーラウンド進出が決まったが、明日3日のパナマ戦に持ち越された。

▽永田監督の談話「残り4回ありましたけど、ただ国際ルールですので致し方ないということで、納得して次に向けて頑張りたいと思います。(選手には)これも国際ルールですので明日の一戦に切り替えて頑張ろうと言いました」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-09020852-nksports-base

試合も負けただけに、なんとも悔しいですよねーー。

動画を見る限り確かにタッチしているように見えますが.....

ただ、国際試合で誤審はよくある話です。リプレイ検証してもなかなか完璧とまではいかないんですね。

U18野球で誤審についての世間の声

まとめ

日本とは確かに基準が違うものの世間の声は厳しいですね。

たしかに、どの国も一生懸命やってるんだから、審判の方もしっかりしてほしいところです。

👇オススメの記事👇

米子東の森下祐樹投手が審判に注意された理由とは?球速球種も調査!

 

-スポーツ

Copyright© エキサイトまとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.