野球

中森俊介|明石商の出身中学は?兄弟や球速球種についても!2020年ドラフト候補

投稿日:

2018年、夏、2019年、春・夏とここ最近めきめきと力をつけてきている明石商業。

強豪ひしめく兵庫県代表として、これだけ甲子園に出て結果も出しているのはやっぱり強い証拠でしょう。

そんな明石商業で2年生のときからエースをつとめる中森俊介くん。

ラストイヤーとなる2020年も大注目です!

今回は、そんな明石商業のエース中森俊介くんについてまとめました。

中森俊介のプロフィール

名前:     中森 俊介 (なかもり しゅんすけ)

生年月日:   2002年 5月 29日

出身地:    兵庫県篠山市

中学:     篠山市立篠山東中学校

出身チーム:  三田ボーイズ

高校:     明石商業高等学校

利き腕:    右投げ左打ち

身長:     181㎝

体重:     80㎏

 

明石商のエース、中森俊介くんが野球を始めたのは小学3年生。生まれ育った兵庫県の北部にある篠山市の「篠山東少年野球団」に入部しました。中学では、地元の三田ボーイズに入部し硬式野球を始めます。そして現在の明石商業高校へ入部。

明石商業では、1年春からベンチ入りし兵庫県大会決勝戦で先発しています

なかなか1年生春からベンチ入りする選手って少ないですよね。

私学の強豪校ならたまにある気がしますが....

明石商業はその名の通り、公立の商業高校なんです。

よほど鳴り物入りで入部したんでしょう。

 

👇あわせて読みたい👇

来田涼斗|明石商がイケメン!インスタやツイッターは?2020年ドラフト候補!

 

中森俊介の出身中学・チームは?

前述の通り、中森俊介くんの出身中学は、篠山市立篠山東中学校。出身チームは、三田ボーイズ。

篠山市といえば兵庫県の中でもお洒落なイメージの神戸とは違い、自然あふれる地域です。

2019年5月よりお隣の丹波市と合併し、現在は丹波篠山市に。

中森俊介くんは、中学では三田ボーイズで硬式野球を始めます。

 

中森俊介に兄弟はいる?

中森俊介くんには、お兄さんの竜太さんがいます。

写真は2019年の8月11日に行われた第101回全国高校野球選手権大会の2回戦に応援に来ていた兄・竜太さん。

朝日新聞に取材されていたようですね。

「勝手くれて本当に嬉しい」とコメントされていました。

 

中森俊介が明石商業を選んだ男前すぎる理由とは

実は、中森俊介くんは三田ボーイズ時代にあの大阪の名門校「大阪桐蔭」からスカウトされていたそうなんです。

ただ、中森俊介くんは地元の明石商業へ。

なぜ??

中学で野球をやるものからすれば、大阪桐蔭からスカウトが来れば、だれでも心が動いてしまうはず。

大阪桐蔭にいって、ベンチ入りすればかなりの確率で甲子園に出場できますからね。

 

それでも中森俊介くんは、明石商業を選びました。

その理由は、お兄さんの竜太さんにあったんです

 

お兄さんの竜太さんも明石商業の野球部出身。

しかし、甲子園出場は果たせず。

そのお兄さんの無念を晴らすために、中森俊介くんは明石商業への進学を決めたんだとか。

 

男前すぎますね〜

 

それに、これまで甲子園出場までとは行かなかった明石商業で3回も甲子園にいっているという事実。

やっぱり中森くん、ただものではないですね。

中森俊介の球速・球種は?

中森俊介くんの持ち味はなんといっても回転数の多いストレート。

球速以上に伸びている感じがします。

とはいっても、MAXはなんと151キロ!!

充分速いですね。

ストレートに併せて、カーブ、スライダー、スプリット、チェンジアップと多彩な変化球も持ち合わせています。

まさに本格派右腕といったところでしょう。

フォアボールの数も少なく、安定した投球も持ち味の一つです。

<中森俊介の球速・球種>

ストレート MAX151キロ

スライダー 125キロ前後

スプリット 130キロ前後

カーブ 100キロ前後

チェンジアップ 120キロ前後

こちらが、1年生のときの中森俊介くん。

そして、こちらが、2019年夏の甲子園での中森俊介くん。

かなりの成長度が見て取れます。

2020年のドラフトでもかなり注目されるでしょう。

中森俊介の投球の秘訣は?

2020年ドラフト候補間違いなしの中森俊介くんですが、彼の投球の秘訣に迫ります。

体のバランス(特に下半身)

まずはじめに体のバランスですね。

はじめて中森俊介くんを見たときのの印象はいい体つきしてるなと思われた方が多いのではないでしょうか?

特に下半身がしっかりしており、よく鍛えられてるなといった感じです。

そこからまだ2年生だということを知って驚いたのを個人的に覚えています。

 

調べてみると、腹筋300回背筋200回を毎日行っているとのこと。

また、身長181㎝、体重が80kgというのは西武ライオンズ時代の松坂大輔と近い身長体重のようです。

言い換えると、体つきなら西武時代の松坂大輔と同じなので、それだけのパフォーマンスも期待できるということではないでしょうか?_

実はピアノが弾ける

中森俊介くんは幼少期の6歳から12歳までピアノを習っていました。

本人もピアノの経験が「手先の器用さにつながっていると思う」とコメントしており、多彩な変化球や回転数の多いストレートに活きているようです。

 

勉強もできる

中学時代の成績は「オール5」!!

勉強の道でもかなりの成果を残せるスペックです。

しかも、得意科目は数学!これは完全に頭がいいやつですね。w

 

野球だけでなく、何事も全力で向き合える性格。

そして、それだけ勉強ができるのに兄の無念を晴らすため、進学校でも大阪桐蔭でもなく、明石商業を選ぶ志。

応援したくなっちゃいますね。

 

ポーカーフェイス

中森くんの安定した投球内容は目を見張るものがありますが、それと同時にかなりのポーカーフェイスです。

並々ならぬ精神力が見て取れます。

これまでの中森くんの人生や生き様がマウンド捌きにもでているのでしょう。

 

ハーフ?

ちなみに、中森俊介くんはハーフ?という噂が出ていましたが、中森くんはハーフではありません。

おそらく顔つきがハーフっぽいからという理由でしょうが、ご両親とも日本人です。

 

2020年ドラフト注目度は?

実績だけ見れば、余裕でドラフト候補でしょう。

2020年の結果次第では上位指名されるはずです。

昨年11月に教育実習で母校を訪れたOBの西武・松本航投手から教わった体幹トレーニングで成長した。巨人の岸スカウトは「伸びしろを感じる。来年は必ずドラフト候補になる」と高評価した。
中日の根尾昂内野手をほうふつとさせる優等生だ。狭間善徳監督は「成績はオール5」と明かし、本人によれば「学年280人中10番目ぐらい。得意科目は数学」という。特技はピアノで簿記検定1級の取得も目指している。

明石商業には来田くんもいるので、ふたりともプロ野球も道に進むかもしれませんね!

👇あわせて読みたい👇

来田涼斗|明石商がイケメン!インスタやツイッターは?2020年ドラフト候補!

-野球

Copyright© エキサイトまとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.