ニュース

関西外国語大学 一芸入試とは?金魚すくいの他にはどんな事例が?

投稿日:

「勉強は出来ないけど、この分野では自信あり」誰でもそんな特技の一つくらいは持っているのではないでしょうか。

受験生は追い込みで寝る間を惜しんで勉強している時期だと思いますが、この度関西外国語大学 一芸入試で合格となった子がメディアにで話題となっています。

今回は関西外国語大学 一芸入試について調査してみました。

金魚すくいで大学に合格!

勉強だけでなく、さまざまな分野で優れた成績をおさめた学生を選抜する目的をもった「一芸入試

本来一芸入試というと、スポーツの成績が評価される事が多いですが、今回 関西外国語大学に合格した三宅莉緒さん(17歳)はなんと

 

金魚すくい で合格しました!

 

三宅さんは金魚すくい全国大会一般の部門で、高校1年で4位、高校2年で3位、高校3年で2位と好成績をおさめました。

(決して特技のみの合格ではなく、この金魚すくいの成績と共に、高校の成績や小論文・面接の結果で合格した事を補足しておきます。)

ぶた吉
ぶた吉
金魚すくいで大学に合格なんてすごい!

2019年からは全国大会から世界大会に変更された「金魚すくい」。

日本の独自文化であり、スポーツとしても一部の人たちに愛されています。

英米語学科に合格した三宅さんは今後は「英語で大和郡山市の金魚すくいのPRをしていきたい」と語っていました。

関西外国語大学 一芸入試とは?

今回三宅さんが合格したのは恐らくこちらの入試でしょう。

 

 

『特別入試 特技(C方式)(専願) 』

■選考方法

①書類選考

②小論文

③面接

 

■募集学科・人員

外国語学部 英米語学科 20人

 

そして

■エントリー資格

一般的な条件に加え

 

3)下記の条件のいずれかを満たす者。(特技S・A・B方式に該当する活動内容は除きます)

(1)スポーツ系

①公的機関の主催による全国大会、または地区大会に出場した者。

②公的機関の主催による都府県大会で4位以上の者。

③任意の団体(校外)での活動において顕著な成績を修めた者。

(2)文化系

公的機関の主催・後援による全国大会、または地区大会に出場した者。

(3)特にユニークな技能を持つ者もしくは優れて特長的な活動を展開した者。

(参考:http://www.kansaigaidai.ac.jp/admissions/outline/univ/special/)

恐らくこのユニークな技能に金魚すくいが当てはまったのではないかと思われます。

金魚すくいの他には一芸入試にはどんな事例が?

亜細亜大学は首都圏にある、偏差値50程度の実力が必要な中堅大学です。

この亜細亜大学では過去に

けん玉日本一

一輪車日本一

調理の分野で優秀な男子

タレント・芸能人

このような方を一芸入試で合格させた事があるそう。

 

また、大阪電気通信大学では少しユニークな入試が注目を集めました。

デジタルゲーム学科、ゲーム&メディア学科ではデジタルで作成したイラストや漫画、YouTubeやニコニコ動画で配信発表した動画作品等を評価するそうです。

 

誰もが名前を知っている慶應大学でも、証券会社主催の論文コンテストに3年連続で論文を出し、入賞等の成果はないが継続する力や学ぶ姿勢を評価し合格となった例もあります。

 

いわゆる一芸入試を認めている大学では、すごい特技を評価するだけでなく「その知識や技術を生かして大学でどのように学ぶか」を重視しているようです。

条件はゆるいが、書類や面接での選考は厳しめだと思っておいた方がよいでしょう。

まとめ

「コツコツ続けてきた事を評価される」という事はジャンルが何であれ、非常に喜ばしいですね。

外国人学生も多い大学なので、彼女の存在が日本文化に興味を持ってもらえる取っ掛かりとなる事を期待しています。

大学側も非常に大きな宣伝効果を得られ、互いにWIN-WINの関係ですよね。

元々の彼女の学力がどの程度かは不明ですが、入学後は勉学で人一倍の努力をしなければ単位を貰い卒業する事は難しいでしょう。しかし、彼女は今後就職でもどのような場面でも「金魚すくいで大学合格」を自分の切り札と出来るので、ものすごい強味を手に入れたと言えます。

 

これから彼女がどのように社会で活躍していくのか、楽しみです。

-ニュース

Copyright© エキサイトまとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.