エンタメ

小泉進次郎の母は宮本佳代子?孝太郎と母親が違う理由も調査!

更新日:

政治家であり、小泉純一郎元総理の息子でもある小泉進次郎さん。弟の孝太郎さんがドラマやバラエティで活躍する中、政治の道を奮闘されていましたが、この度、フリーアナウンサーの滝川クリステルさんと結婚を発表!さすが小泉進次郎さん!というよりも、さすが滝川クリステルさんという気もしますが.....

そんな小泉進次郎さんの母や、孝太郎さんと母親が違うと言われている理由について調べてみました。

 

小泉進次郎の母は?

元総理大臣の父親とは違い、あまり知られていないのが、小泉進次郎さんの母親であり、純一郎さん(父)の妻にあたる女性です。元、ファーストレディでありながら、その人物像について語られることは少ないです。その女性の名前は、「宮本佳代子」さんといい、当時の東証一部上場のエスエス製薬の創始者である泰道照山さんの孫にあたります。宮本佳代子さんとはどんな女性なのでしょうか?

宮本佳代子さんのプロフィール

【出典:https://marog01.com/miyamoto-kayoko-career/】

本名:宮本佳代子(みやもと かよこ)
生年月日:1957年生まれ
年齢:63歳(2019年8月時点)
血液型:B型
出身地:神奈川県鎌倉市
最終学歴:青山学院大学

祖父は、元エスエス製薬会長泰道照山さん。小泉純一郎元総理とは、青山学院大学在学中にお見合いで結婚し、二児を出産。当時、純一郎さんは、30代で衆議院議員でした。いわゆる年の差婚ってやつですね。年の差が理由なのか、当時は、祖父泰道照山さんが結婚に猛反対したんだとか。

結婚後すぐに、長男の孝太郎さん、次男の進次郎さんを出産しますが、第三子妊娠中の結婚5年目にして純一郎さんと離婚。親権は、長男と次男が父の純一郎さん。三男の佳長さんは母の宮本佳代子さんが。

離婚後は、三井不動産の関連会社に勤め、三男の佳長さんを育て上げています。

最近では、メディアに出ることが少ないですが、雑誌の取材でこんなことを語っています。

佳代子さんによると、佳長さんは「目が細くていちばん父親似」で、孝太郎さんは目が大きく「いちばん母親似」。進次郎さんは「ちょうど中間の顔」だという。インタビューでは、「生き別れ」になっている孝太郎さんと、進次郎さんの性格やエピソードは語られていないが、 2人のメディア露出が増えたことから「今では、毎日会っているような気がします」と話している。

 

また、離婚からの年月を、佳代子さんは「いっぱい涙を流したから、人の痛みがわかる人間になれたと思います。人は生きている限り進化できるのではないでしょうか」と振り返っている。

※女性誌「いきいき」引用

 

孝太郎と母親が違うといわれている理由

孝太郎さんと進次郎さんの母親が違うと世間では噂されていますが、結論から言うと母親は同じ(宮本佳代子さん)です。しかも、三男の佳長さんも同じ母親ですよね。

孝太郎さんと進次郎さんの母親が違うと言われている理由には諸説ありますが、純一郎さんと佳代子さんが離婚したこと、また、佳代子さんと純一郎さんの姉(小泉道子)さんとの不仲説が原因かと思われます。さらに、離婚後、佳代子さんは小泉家から出て行く形になったため、小泉道子さんが孝太郎さんと進次郎さんを世話していたことも母親が違うと言われている原因だと考えられます。

孝太郎さんと進次郎さんは、離れて育った弟の佳長さんの結婚式に参列するなど、いまでは交流を持たれているみたいです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

宮本佳代子さんって、離婚してから就職して子育てするってガッツありますよね。離婚こそしましたが、孝太郎さんは、元総理の純一郎さんと、宮本佳代子さんという素晴らしいご両親を持たれています。

滝川クリステルさんとは、すでに第一子を妊娠されているとのことですが、いい家庭を築いてほしいものです。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

-エンタメ

Copyright© エキサイトまとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.